気ままな日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都鉄道博物館A

<<   作成日時 : 2017/05/17 10:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

京都鉄道博物館の続きです。
@では1Fを載せたので、今回は2Fを。
といっても、「てつ」ではないので詳しくではないです


2Fは鉄道ジオラマ、運転シュミレータ体験、模型を使った運転体験、レストランなどがあります。

運転シュミレータは抽選で当選すると整理券が渡されるしくみです。
模型による運転体験もたくさんのこども達が集まってました。
レストランも行列。
ふうっ。
パスです。


鉄道ジオラマ(1/80の鉄道模型を走らせて、鉄道の1日の様子をみることができます)
画像

でかっ
画像

画像


かなり大きく、広く、席もたくさんあるのですが、満席になります。

余裕をもって30分前に行ってみたら、もう締め切られいて、30分後に始まる回の人たちが中に入ったあとで、入り口も締め切られていたので、へ??って感じでした。
旦那と前に来てた人とかが食い下がって聞いてましたが、もう締め切られていたのでどうしようもない。
次の回にと思いましたが、
「また入れないかもしれないから並んで待つ?」
「でも1時間以上だよ〜
「とりあえず待ってみようか?」
と並んでたらドンドン後ろに並んできたので、
「やっぱり次の回に早めに来てもまた入れないかもよ…?」
と待ちましたわ。

たしか1時間ごと?の観覧間隔で実際見るのは15分くらいしかないです。

200人くらい?入れるので、入れ替えに時間がかかるから?

前の回の人の退場が終わったら入れ始めるので、観覧時間の30分前に行っても人が多ければ満席で入れないって事のようです。

午後の遅い時間帯は観覧の間隔が狭くなっていました。
子ども連れだと早めに帰りますもんね。
多分そんなに人が多くない分、入れ替えに時間かからないからかな?と思いました。

多分ですが。

なので、もし帰りを急がないのであれば夕方の方がいいのかな?と思いました。多分です


前に並んでた人が、じゃあ後で来た方がいいじゃん?といなくなったので、一番前に並んで入場しました
どこが一番いいのか分からなくて、真ん中の一番前の席にしましたが、もしかしたら一番後ろの立ち見の方が全体がよく見えたかもしれません。
始まる40分くらい前には入り始めて、やっぱり30分前くらいには200人ほとんど席が埋まってる状態。
すごい



内容は、朝から動き始める電車、新幹線、朝日が昇り通勤の電車が走り始め、いろんな車両基地からいろんな車両が出発する様子、そして日が沈み1日が終わる所までを巨大なジオラマ&1/80サイズ゙の模型で見れます。
JRだけでなく阪急電車など私鉄も走らせています。

なんか、おもちゃなのに(←失礼)すごくワクワクしました

双眼鏡などで見ればまた違った迫力で面白いかも?

繰り返しますが特に鉄道ファンではないです(笑)
でも待った甲斐がある、そんな感じがする15分間のショーでした


スカイテラスからの風景
京都の街並み、京都タワー、五重塔も綺麗に見えます。
カメラを構え新幹線?を待っている人が沢山いました。
画像


エスカレーターの所にはSLのプレートがオシャレな感じに飾ってました
画像


Bに続きます。







【バーゲン本】Nゲージミニジオラマを作ろう! 特別付録付 (鉄道模型はじめの一歩シリーズ) [ 鉄道模型はじめの一歩シリーズ ]
楽天ブックス
鉄道模型はじめの一歩シリーズ 鉄道模型はじめの一歩シリーズ ネコパブリバーゲン本,バーゲンブック,送


楽天市場 by 【バーゲン本】Nゲージミニジオラマを作ろう! 特別付録付 (鉄道模型はじめの一歩シリーズ) [ 鉄道模型はじめの一歩シリーズ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





鉄道模型趣味 2017年 05月号 [雑誌]
楽天ブックス
機芸出版社テツドウモケイシュミ 発売日:2017年04月20日 予約締切日:2017年04月10日


楽天市場 by 鉄道模型趣味 2017年 05月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都鉄道博物館A 気ままな日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる